David Friedman80年代を代表するアンプ「800シリーズ」

サウンドを忠実に再現しながらモダン仕様にリメイク!

特徴

FEATURES

ロックの象徴として君臨してきた英国のスタックアンプといえば、多くの人が同様のものを思い描くでしょう。
1980年代に入った頃からHard RockやHeavy Metalが台頭し始めてくると、ギタリストたちが求めるサウンドが大きく変わってきました。それまでのファズやクランチサウンドよりさらに深いディストーションサウンドを求めていました。そんな中生まれたのが”800シリーズ”です。このアンプは瞬く間に多くのミュージシャンを魅了し虜にしていきました。

Synergy 800モジュールは、オリジナルサウンドからハイゲインサウンドまでをメイキングすることが出来ます。2CH仕様のプリアンプは各チャンネルにブライトスイッチを備えています。回路設計、サウンドメイキングはDavid Friedmanによるものです。

Synergy 800モジュール:2CH(Gain、Volume、Brightスイッチ独立)、3Band EQ共通

▼ FRONT

▼ RIGHT

仕様

SPECIFICATION

  • Tube Preamp module
  • Tube:12AX7 x2
  • フロントパネルコントロール:
    2 x GAIN , 2 x BRIGHT-SW , 2 x VOLUME , BASS , MID , TREBLE
  • 外寸:5.5″ x 7″ x 1.5″
       14.0cm x 17.8cm x 3.8cm /(LxWxH)
  • 重量:1 lbs. / 0.45kg

動画

VIDEO

DEMO 1

DEMO 2

在庫

STOCK